オリジナルの本が作れます

自己表現の手段

コピー機

漫画や小説、アニメなどのジャンルはサブカルチャーとして注目を集めています。
いまでは好きになった作品のイラストを自分で描くケースも珍しくありません。
そのような作品を海外ではファンアート、日本では同人作品と呼びます。
同人は作品づくりと出版を同じ人が行う同人誌が由来となっている言葉です。
出版社を通さず作品作りを行うメリットは、自由な表現を行えることです。
商業雑誌では販売の為に、ページ数の規定があります。
また、読者のニーズに合わせた内容にする必要があります。
その点、同人誌は編集から印刷まで自分で行うので他人の意見で作品の内容を変更する必要はありません。
もちろん、デメリットもあります。
出版物の内容の責任は自分で取る必要があります。
公序良俗に反するものや誹謗中傷と受け止められる内容になっていないか、自分自身で確認する作業が必要です。
また、発行部数にも注意しましょう。
印刷にはお金が必要なので、売り上げ予測をせずに大量に刷ってしまうと、売れ残ってしまうからです。
同人誌の印刷を専門に行っている業者なら紙やページ数、発行部数の選択肢が多いので便利です。
何社か資料を取り寄せて比較しましょう。
部数を増加させることで、一冊当たりの印刷料金は下がります。
しかし、買ってもらえない場合、在庫の管理が困難になります。
予測が難しい場合はインターネット上で発行の告知を行うとよいでしょう。
反応の大きさは発行部数の参考になります。

仕組みについて

カラーチャート

同人誌を作成するときは、コピー機などで印刷して自作することもできますが、印刷業者に頼む方法が一般的です。
オフセットプリントという方法で、同人誌を安く少部数からでも印刷ができます。
業者には原稿を持ち込むこともできますし、パソコンで描いた原稿をデータで入稿することも可能です。
業者では、はじめての方にも優しいパックセットが用意しています。
料金も安くなっていますし、セットの内容は一般的な同人誌を作るには十分な仕様です。
オプションを選択すると、表紙に文字を浮き上がらせる箔押しや、フィルムを貼るPP加工もできます。
他にもいろんなオプションがあるので、希望があれば好みのものを追加していけばいいでしょう。
印刷業者へ同人誌作成の発注は、すべてウェブでこと済みます。
データを入稿すると業者が見積もりをはじめ、見積もりが済むと会社側からメールで連絡があります。
そして、入金をすると印刷が始まり、後は発送されて来るのを待つだけです。
発送場所は自宅だけとは限られておらず、イベント会場に当日に届けてもらうこともできます。
イベントの出店などでこの日までに同人誌を届けて欲しいという方は、印刷業者には締切りがあるということを知っておきましょう。
印刷を業者に頼んだとしてもすぐに印刷ができるわけではありません。
他のお客さんの注文もあり、データを確認した後に印刷をして製本を行い、発送にかかる時間もあります。
このため、期日を決めて発注している方に対しては、印刷業者は締め切りを設けています。
イベント等に出店を考えている方は、業者から告げられた締切りを守るようにしましょう。

作成前に把握しておく事

色見本

近年では、大きな会場を貸し切って同人イベントが開催される事も増えてきました。
オリジナル漫画やイラスト本、グッズなどをご自身の手で作り、世間にアピールするチャンスでもある同人イベントは、多くの方にとってチャンスとも言えるイベントです。
そんな時に同人用の印刷物を検討されている場合は、作成前に把握しておく情報も頭に入れておきましょう。
まず、最も重要な点では用紙のサイズがあります。
同人雑誌等で使われている用紙サイズではB5版とA5版が一般的となっており、文章が中心の作品はA5版、迫力のある絵が中心の場合はB5版が良いでしょう。
そして、印刷する際には様々な加工方法を加えて印刷依頼が行えます。
例えば、ロゴやイラストを浮かせて表現させる加工方法や光の当たり具合で色合いが変化するホログラム加工などが人気です。
見た目の印象やインパクトが変わるので、目立たせたいと考えている方はオプションで加工を行うと良いでしょう。
そして、同人誌として販売する際は、無線綴じと中綴じを中心に選択していきます。
高級感を出す事ができ、ハードカバーのように印刷していくのが無線綴じ、同人誌で一般的な物は中綴じとなります。
依頼する印刷業者によって、加工オプションや用紙の種類、そして料金が異なってきます。
なるべく同人の作品を得意とする業者を中心に探していきましょう。
業者の中には依頼された作品をホームページ上で紹介している所も沢山あるので、仕上がり具合などをチェックしておくと良いでしょう。