グッズを作ってみよう

自分だけのグッズもできる

冊子

印刷会社で作れる物は同人誌だけではありません。
実は、バッグやチラシなどの同人グッズを作ることもできます。
例えばバッグですが、バッグはトートバッグや、不織布バッグ、ビニールバッグなど種類が豊富です。
バッグなどのグッズは、同人誌を販売する際、ノベルティとして配る目的で作る人が多いです。
デザイン次第では、普段使いができるバッグも作れるので人気の同人グッズです。
また、チラシですが、同人活動においてのチラシは、イベントの告知の為に作られます。
印刷会社によっては、一枚数円で印刷できるので、安価な広告として役立つのです。
これらのグッズを作るためには、まず、イラストやロゴなどのデータが必要です。
データは、オリジナルである必要があります。
オリジナルではなく、版権のある物を使用したデータの場合、印刷できないことがあります。
これは、著作権上違反になることがあるからです。
もし、イラストを描くのが苦手な人は、フリー素材を使いましょう。
フリー素材とは、ロゴやデザインを自由に使えるもので、ネットにもたくさんアップロードされています。
ちなみに、グッズの印刷ですが、同人活動だけで使うものばかりではありません。
グッズの中には、日常で使えるものもたくさんあります。
今では、スマホケースや、ボトル、バッテリーなどもあります。
オリジナルデザインを印刷すれば、自分だけのグッズを作ることができます。
単位は一つからでも印刷できる会社もあります。
オリジナルグッズを作りたいときは、ぜひ印刷してみてください。

プロの技術を活用

プリンター

ゲームやマンガのキャラクターの絵を描くのが好きな人もいらっしゃると思いますが、同人活動をご存じでしょうか。
東京では年に何度が大きな同人イベントが開かれていますが、自分達で好きなマンガなどを題材にした冊子などを作って販売する趣味の世界があります。
地方でもイベントが行われていますが、冊子や便箋といったグッズを作るために印刷会社を利用することがあります。
チラシなどは通常のコピー機を使うこともありますが、販売するものは完成度の高さが求められるため、専門の印刷会社で作ることが多いです。
会社のシステムにもよりますが、たいていの印刷物は紙の種類から選ぶことができ、インクの色も好きな色を選択できるので、自分のイメージにあったものを完成させることができます。
なお、最近はうちわやクッションカバーといったものにも印刷をしてくれる会社があり、グッズの種類も豊富になっています。
既製品のような仕上がりを望む人には印刷会社がオススメです。
なお、完成したグッズは同人イベントを行う会場まで搬入してくれることもあるので、イベントに合わせて依頼をするサークルも存在しています。
このように、同人活動を行う上で印刷会社は欠かせないものです。
印刷する部数によって価格は異なりますが、キャンペーンなどを利用するとお得に同人グッズを作ることも可能なので、まだ利用したことのない人は参考にしてみてください。
無料の資料を用意している会社もあるので、ホームページから請求してみるのも良いでしょう。

自分に合った方法で行なう

色見本

最近では、アニメや同人イベントが全国各地で開催され、どのイベントも非常に多くの人で賑わっていますね。
そこでイベントに参加するだけでなく、同人誌を出品して多くの人に作品を見てもらうことも可能です。
その際は、部数によっては自分で全て行なうのは難しいため、専門業者に印刷を依頼するのが一般的です。
同人誌の印刷を主に請け負っている専門業者もあるので、インターネットなどで探してみましょう。
普通のチラシの印刷と似ていますが、自分が作った作品の印刷となるので、メディアを専門業者宛に送る必要があります。
ただそうなると、どうしても渡すのに時間も掛かってしまうので、多くの専門業者ではWEB入稿と呼ばれるものを推奨しています。
他にもアナログ方式で、実際の原稿を郵送で送る方法でも受け付けてくれます。
同人誌における入稿方法は色々とあるので、自分に適した方法で行なっていきましょう。
また支払い方法は、印刷を行なう業者によってサービス内容が違うので、クレジットや振り込み、実際に足を運んで支払う方法など、支払い方法も多岐に渡っているようなところを選ぶと、何かあったときに問題なく支払うことが出来るようになるはずです。
通常の印刷だと自宅や会社に届けてもらいますが、同人誌に関しては、自宅や店頭受け取り、イベント会場へ直接持ってきてもらうなど様々な方法があります。
納期がギリギリ、あるいは大量に印刷をしたのであれば、イベント会場に直接持ってきてもらうほうが効率的です。